WORKS

導入事例

© DAIYU CO.,Ltd.
Scroll Down
従業員が喜んだ工場の暑さ対策がカーボンニュートラルに貢献も

ご相談内容


熱だまりができ、職場がとても暑い。従業員のために職場環境を改善したい。

SUGGEST

大友からのご提案

理想的な改善方法はあるもコストがかかりすぎるため、製造ライン編成にマッチした予算内で効果をだせる大型冷風機の導入を提案。
  • 状況

    職場はまっすぐ細長いラインが複数並び、機械はそのライン毎に並列設置され、従業員は熱を発する機械に挟まれるサンドイッチの状態であった。

    従業員の周りにはスポットクーラー、屋根には排気扇が複数設置されているものの、屋根の高さ・建物の形状等により、空気は流れず熱が溜まる状況であった。

    客先は数年、排気扇のメーカー、工事・施工会社等に相談していたが、費用が現実的で有効な改善方法は見つからず手付かずであった。

  • 提案内容

    理想的な改善方法はあるものの多額のコストがかかり、次点案としてとどめ、機械に挟まれた細長いラインという事に着目し、50m先まで冷たい空気を飛ばせる大型冷風機をライン先頭付近に設置の提案を行った。

    客先に機械を持ち込み、デモンストレーションを実施。ライン先頭にいる従業員が多少風の強さを感じるものの、業務には支障がなく導入検討となった。

     

RESULT

スポットクーラー使用時と比べ、消費電力約50%削減

ライン毎に大型冷風機を設置し、従業員の方には大変喜んでいただいた。

夏場は冷たい空気を流し、湿気の多い時期は風だけを流す湿気対策にも活用することで不良率低減にも効果。

また、スポットクーラー使用時に比べ消費電力が約50%削減され、省エネ・カーボンニュートラルにつなげることができた。